車売る時の自賠責保険について

車を購入する場合には様々な税金も含めて経費が発生することになりますが、その中の1つに自賠責保険があります。自賠責保険は1年分をまとめて支払いますが、車売却の場合には、売却を行った残りの期間に関しての内容を理解しておく必要があります。多くの人は残りの月に関して保険金の還付、つまり、月割り計算にて戻ることを考えますが、名義変更が行われた場合には、還付は行われないことになっています。還付されるのは車を廃車にした場合、つまり抹消登録を行った場合のみとなっています。その代わり、車売却で車検が残っている車を購入した場合などでは、逆に支払う必要はなくなります。ただし、小規模の販売店等の場合には車売却時に月割りにて計算をして売主に支払っているところもあり、その場合には、購入時に残りの月数に対して保険料を支払うことになります。
車買取相場を把握して車売却を行った場合には、名義変更にも気を付ける必要があります。自賠責保険は、基本的には名義変更がされていなくても事故を起こした場合には保険金が支払われますが、それは、契約者ではなく車に保険が掛けられているからです。しかし、事故を起こした場合、名義が違うと事務手続きに手間がかかることになるために、変更手続きは忘れないようにすることが大切です。通常、店舗で車売却や購入をする場合には店舗側で事務手続きを行ってくれますが、個人売買で友人などに売却をした場合には手続きを忘れることもあり注意が必要となります。