ヘンプのアクセサリー作り

最近ヘンプという麻ひもで作るアクセサリー作りにハマっています。
ハンドメイドのアクセサリーってビーズとかレースなんかの可愛い系統のものばかりで、作るのはおもしろそうだけど私が身につけるのはちょっと…っと思ってしまうデザインばかりだと思っていたんです。
でもヘンプのアクセサリーは、派手さのないシンプルなデザインばかりなのであまりお洒落な格好をしていない、例えばジーンズにTシャツなんて服装でもまったく浮きません。
ペンプの色も、ピンク系の可愛い色から黒や青まで様々なものが手に入るので、家族で色違いのお揃いアクセなんかもできちゃいます。
お父さんや男の人がつけても違和感ないハンドメイドアクセサリーってめずらしいなって思いませんか。
長く使えば使うほど麻ひもが柔らかく、おもむきが出て来る所も愛着が出ていい感じです。
始めのうちは、ただの平結びという簡単な編み方だけで作ったブレスレットしか作れなかったんですが、今ではヘンプに木のビーズを編み込んでみたり、ラピスラズリなんかの石をヘンプで包んでネックレスを作ったりと作り方も色々マスターしました。
今度は母にリクエストされたカメラストラップに挑戦してみようかと思っています。