借金は銀行に頼るべきです。

今は分かるんです。あれほどの高金利を払って上手くいく筈がありません。

15年ほど前の事です。営んできた商売は急速に悪化していました。業績、担保重視の銀行は相談にも応じてもらえず、その日の支払いにも困窮する有様でした。初めはクレジットカードを使ったキャッシングでした。

カードは法人名義と妻のモノを合わせて15枚ありました。キャッシングで作った借金を返済する為に別のカードでキャッシングするという悪循環。全てのカードを使い切った後は消費者金融でした。

当時、メディアによる明るい企業イメージを演出するCMや「自動契約機」の利用などで罪悪感など微塵も感じないまま、簡単な審査で次々と契約しました。そんな借金地獄を4~5年経験した後やってきたのぱ貸金業法の改正です。改正に伴い、消費者金融からの借り入れが突然難しくなりました。「借りて返す」の悪循環が返しても借りられなくなった事で一気に行き詰まりました。法改正を恨んだ事もあります。ところで、消費者金融と言えばたくさんありあります。最近では大手銀行系が人気でプロミスやモビット、アコム、アイフルなどが有名ドコロ。私はCMでもAKBが出ていて安心感もありましたしレイク 口コミで評判の高かった新生銀行グループのレイクを選びました。

私の場合、商売上の資金繰りが原因でしたから、以前ような業績の回復で何とか立ち直る事ができるという根拠のない自信があった為、そこまで深入りしてしまった訳ですが最近ようやく気が付きました。銀行収益の中心は貸付利息ですから、できる事なら貸したい筈です。審査のプロである筈の銀行が「貸したくない」という事はその商売はその時点で終わりだという事です。スッカリ諦めて次の人生に進めばよかったんです。