月に1度の保育園の体育教室へ行ってきました

月に1度ある、保育園の体育教室に月曜日行って来ました。いつもは、一時保育で体育教室の日利用してて、体育教室の様子が分からずにいました。
まぁ、2歳の時に支援センター利用で体育教室良かったから、暑い時季は、一時保育で体育教室の日に、ということで一時保育の子と支援センターの子と一緒にしました。先に保育園児の子が体育教室するけど、毎月第3月曜日に倉敷からインストラクター二人が来てくれます。園の行事等があれば体育教室ないんだけど、8月、9月、10月は園の行事とかでなかったです。11月は、ソファが来る日だったから、一時保育利用で体育教室でした。ママ友達も体育教室には支援センター利用で、支援センター利用は、ママ見てるだけでしたが、6月、7月は暑くて一時保育利用しました。途中から、ボールじゃなく、ポールの方に興味津々で、サッカー教室うちの子途中からまともに出来てなかったです。お昼ご飯を元気いっぱい食べた後、後半戦では、運動場のはしっこにあるポールにサッカーボールを当てたりして倒す事もしたけど、ポール倒れたの起こしたり重ねたりと邪魔してました。ちょいと集中力欠けてましたがいい体育教室になりました。また連れて行ってあげたいなぁ。

借金とどう向かい合うかが大事

私は20歳の時に借金を作り、16年もの長い期間苦しい生活をしてきました。
返済途中就職した会社で同じように借金に苦しんでいる年上の女性と出会いました。
私は計画を立ててコツコツと借金の返済が出来ていましたが、彼女は返済見通しがなく数件の借金を踏み倒している状態でした。
相談にも行き、「これからは一度でも借金を返してはいけない。
50万円程度の借金であれば無視を続けると金融会社もそのうちあきらめる。
」というアドバイスをもらい、電話や取り立ての一切を無視していました。
正直真面目に返済している身としては馬鹿らしくなりますが、彼女のしている事は間違っているような気がしてなりません。
Read the rest of this entry »

女の人は、みんなバイかビアン?

バイとはバイセクシャル、ビアンとはレズビアンのことです。
以前、海外の記事で、女性は、みんなバイかビアンだという研究結果についての記事を読みました。
うーん、確かに、そうなのかもしれません。
私はバイセクシャルの人間なのでハッキリとは分かりませんが、女の子はカッコイイ女の人好きですよね。
最近では男装ホストなんてのもありますし。
もしかしたら、自分はストレート(異性のみが好き)と思っていても、結構女の子に気がいく時も、あったりするのではありませんかね?ブサイクな男を選ぶのなら、イケメンの女の人を選ぶ、という女の子もいそうですよね。
セクシャルマイノリティって結構至る所にいます。
ある程度の年齢に達すると、みんな自覚してくるのでしょうね。
実は・・・と告白されることもあります。
とは言え、私の方が先にカミングアウトするのですが!バイだとビアン程には悩まない部分てありますからね。
すぐに言えちゃったりするのです。
大学時代は男でもバイの人は結構いました。
「両方いけるなんて、お得!」と言っていましたよー。
確かに、そうですよね!バイの人は個人的に魅力的な人が多いと思います。
男の人ならオシャレな人が多い。
雰囲気も、やわらかい感じで。
素敵ですよ。

ヘンプのアクセサリー作り

最近ヘンプという麻ひもで作るアクセサリー作りにハマっています。
ハンドメイドのアクセサリーってビーズとかレースなんかの可愛い系統のものばかりで、作るのはおもしろそうだけど私が身につけるのはちょっと…っと思ってしまうデザインばかりだと思っていたんです。
でもヘンプのアクセサリーは、派手さのないシンプルなデザインばかりなのであまりお洒落な格好をしていない、例えばジーンズにTシャツなんて服装でもまったく浮きません。
ペンプの色も、ピンク系の可愛い色から黒や青まで様々なものが手に入るので、家族で色違いのお揃いアクセなんかもできちゃいます。
お父さんや男の人がつけても違和感ないハンドメイドアクセサリーってめずらしいなって思いませんか。
長く使えば使うほど麻ひもが柔らかく、おもむきが出て来る所も愛着が出ていい感じです。
始めのうちは、ただの平結びという簡単な編み方だけで作ったブレスレットしか作れなかったんですが、今ではヘンプに木のビーズを編み込んでみたり、ラピスラズリなんかの石をヘンプで包んでネックレスを作ったりと作り方も色々マスターしました。
今度は母にリクエストされたカメラストラップに挑戦してみようかと思っています。

ゼファルリンという増大サプリの効果が出てきた

20代の頃は全く気にしていなかった自分のおちんちんの大きさ。。
30を超えてからなんだか急に気になりだした(笑)
大きくもなく小さくもないというのが自分のペニスの大きさ。
普通に彼女とのHも問題なくできているし、気持ちいいとも言ってくれている。
何も問題ないけど男の性なのか。。大きい方がいいに決まっている。
でん、飲み始めたのがマカやシトルリンなどのペニス増大に効果が
あるといわれているサプリメント。
基本的に健康食品だから飲むだけで大きくならないことは承知の上。
半年飲んで、いわゆるチントレというやつも試してみたけど
相変わらず太さも硬さも変わらない俺のペニス。

そして飲み始めたのがゼファルリンというペニス増大サプリ
これには、以前飲んでいたマカもシトルリンも含まれているし
他にも滋養強壮系の成分が豊富だ!朝鮮人参や豚の睾丸などなど。
初めて飲んだ翌朝はペニスが熱く硬い感じがした。
精力剤としての効能に加えてペニス増大の効果が高いとなれば
飲まない手はないでしょー!ということで、かれこれ3ヶ月
ゼファルリンを飲み続けてみました。

ババヘラとハバネロ

知人のAさんが秋田に帰省して、お土産にババヘラ味のご当地のお菓子を持ってきてくれました。
「ババヘラ」というのは秋田県で露店販売されているアイスで、農作業の格好をした中高年の女性(ババ)がヘラを使ってコーンにアイスを盛り付けることから「ババヘラ」というそうです。
味はバナナ味とイチゴ味があり、2種類を交互に盛り付けます。

「ババヘラ」―とにかく初めて聞く名前なので、Bさんが一緒にいたCさんにたずねてみました。
Bさん「ババヘラって知ってる?」Cさん「知らないけど、辛いの?」Cさんのこの反応に、Bさんは目が点になってしまいました。
どうやらCさんは「ババヘラ」を、名前が似ているトウガラシの一種と勘違いしていたようです。

たまりかねてAさんは言いました。
Bさん「辛いのはハバネロ」Cさん「あーっ、そうだったっけ?私、間違っちゃった。
Bさん、間違えた時にはちゃんと教えてね」Cさんの天然ぶりに、一同は大爆笑。

その後一瞬の沈黙があり、Aさんはぽつりと言いました。
Aさん「そういえば、『ババヘラ』と『ハバネロ』って名前が似てるよね」すかさずBさんが言いました。
Bさんは辛い物が大の苦手です。

Bさん「それなら、ハバネロを食べた後、口直しにババヘラを食べるのはどうかな?」Cさん「ややこしい!甘いものを食べた後に辛い物を食べたらどうなっちゃうの?」一同、またもや大爆笑。
そして井戸端会議はお開きとなりました。

回転寿司屋にハマっています

最近主人と私は回転寿司屋にハマっていて、この間は土曜日と日曜日の二日連続で行きました。
何故最近回転寿司屋にハマっているかと言うと、一皿100円は当たり前なので、それは理由ではなくて、サイドメニューの豊富さと美味しさに私も主人もハマっているのです。
もちろん握りのお寿司も絶品ですが、サイドメニューの鰻の茶碗蒸しや軟骨揚げやフライドポテトなどはファミレスに負けないくらい美味しいですし、回転寿司屋なのに、ラーメンやそばやうどんまであるのは驚きです。

またデザートも飲み物も豊富なので回転寿司屋に行けば何でも美味しい物が食べられるのです。
しかも安くて店内も綺麗で駐車場も何箇所もあって広々しています。
またドライブスルーでお寿司も持ち帰りできますし、電話で注文しておけば待たずにお寿司を持ち帰る事ができます。

そして平日は一皿90円なので、うちの高校生の娘は平日お寿司が安いので友達と食べに行くみたいです。
回転寿司屋は以前からありましたが、以前よりも回転寿司屋が増えたので、いろんな回転寿司屋でいろいろな珍しいメニューやサービスなどをして競争して回転寿司屋が良くなっているので、回転寿司屋を利用する私達は嬉しい事ばかりです。
今でも回転寿司屋のお寿司の味などには満足していますが、更に味やサービスが良くなる事を期待しています。

早起きは美味しい御飯の基

農家でも漁師でもないけど日が長くなると早起きしてしまう。
そして早い時間でも来客が来る。
でも迷惑じゃない理由はその日の朝早く揚がったイカのお裾分けを持って来てくれるから。

今朝は5時に頂いた。
夜明け前に玄関に置かれてる時もある。
そうなると朝御飯はイカの刺身に決定。

まだ生きてるイカが透き通った刺身になる。
それで気を付けるのが婆ちゃんに気付かれないように捌く事。
婆ちゃんがやるといきなり真水で洗ってしまって活きを下げて真っ白にしてしまう。

イカの刺身は基本洗わない。
開いて内臓を取ってエンペラとゲソを外して皮を剥くまで洗わない。
切る時にサッとキッチンペーパーで拭くだけにすると透き通った刺身になる。

墨袋を破って黒くしてしまったのは軽く流水にくぐらせる。
細切りが一番美味しいし、勿論エンペラも細切り。
下ろし生姜と醤油で混ぜて炊きたて御飯に豪快に盛って朝ご飯の出来上がり。

ちなみに細切りを「イカ刺し」、寿司ネタみたいに幅広く切ったのを「イカの刺身」と呼んでいる。
イカ刺しは生姜醤油でかきこむ、イカの刺身は山葵醤油で歯応えと甘味を楽しむ。
新鮮な内臓のゴロも刺身と一緒に食べる。

春のイカのゴロは苦みもなく一年で一番美味しい。
朝御飯にイカ刺し食べる度に田舎で良かったと実感する。
ちなみにゲソは晩御飯に頂く。

ママ友とランチに行ってきました!

この間、友達の赤ちゃん連れと一緒にランチをしました。
久しくあっていなかったということもあり、話もかなり盛り上がりました。
やっぱり、友達の赤ちゃんは、騒がしいのと、自宅じゃなかったので、終始ご機嫌でしたが、もう眠たくて眠たくて、グズグズだったのでしばし辛い感じはしましたが、なくなく解散をしました。

時間も忘れて結構長居させて頂きました。
でも、次は近くのショッピングモールのイベントでまた遊ぶ約束して帰りました。
私は二人のLINEは知っていましたが、二人の友達間はLINE交換まだしてなくて、今日交換してグループまで作ってしまいました。

みんな学区が違うけど、幼稚園、保育園行くようになってからでも遊べる仲でいられたらいいけど、二人共、私より3つ上だけど、スタイルよくてお洒落で美人なので良かったです。
気が合ってそれも良かったです。
てか、二人共、一眼レフでパシャパシャ撮っていて、やっぱり一眼レフカメラはいいですね。

旦那がずーっと欲しがっている一眼レフカメラ。
今年中には買わないといけませんね。
うちは、帰ってからも寝ないで、外遊びして、夕方にはご飯、お風呂入れて19時には寝ちゃいました。

なかなか忙しい1日でしたが、楽しかったです。

昨日、サバイバルゲームを楽しみました。

昨日、趣味のサバイバルゲームのチームで集まり山奥に行きゲームを楽しみました。
年数回遊びますが、今回は他のチームPを交えて山奥でゲームしました。
他チームのGさんの紹介で行った場所は初めてで自然に溢れたフィールドでした。

奥には小さな滝や川がありました。
足場的にいい場所、悪い場所がありましたが一つの経験と思いました。
同様に我々のチームは他のチームとの交流戦は少ないので勉強になると思いゲームをスタートさせました。

私は今回当初は攻撃するアタッカーの予定でしたが、リーダーがPチームは大会に出るほど強くて分析し、守りを固めるためディフェンスとなり陣地を守る役目をしました。
陣地のフラッグを取られない様に警戒しました。
Pチームは多方向から攻撃を仕掛けてきて攻め込んできました。

双方のチームも攻撃しプレイヤーを倒していきましたが、次第に数が減ってきました。
私も他の2人と陣地の防御で辺りを警戒してました。
ですが、遂に相手のアタッカーが攻めてきました。

サブマシンガンの連射で防御する板に隠れて攻撃しました。
ですが、相手は攻撃を交わしてジワジワ近づいてきました。
一方的な、圧倒的な攻撃力のチームと対戦したのは初めてでした。

一人倒され私とYさんの二人が残りの防御でした。
しかし、味方スナイパーの攻撃でアタッカーを倒しフラッグが取れ勝利しました。
次ゲームはボロ負けでしたけど。

その後豚汁を作り食べながらの食事会と反省会でした。
Pチームからもアドバイスを頂き、欠点もわかり修正できると思いましたが、他のチームとの対戦が足りないと本当に感じました。
Pチームも他のチームとの交流戦でレベルアップしたと聞きました。

上手くゲーム運びをするためには欠かせないと感じました。
我々のチームのI会長も次回も交流戦をすると意欲に燃えていました。
帰るときは夕方に近づいていました。

この日は非常に暑い日でしたが、帰り際は厚さが落ち着きました。
沈む夕日がとても美しく思えました。
上達の為に自身のスキルアップも重要だし磨かなくてはと決意してフィールドを後にしました。